雑記

FXってどんなものですか? 【5万円あればFXを始めることができる話】

雑記

FXって聞いたことはあるけど、どういうものなのかわからない。

そんな人に向けて、FXの仕組みメリット・デメリット、他の株や投資信託との違いを書いていきます。

FXとは

FXとはForeign Exchangeの略、つまり両替です。

この両替によって利益を得ようとするものがFXです。

下の絵を見てみてください。

この絵は日本円とアメリカドルの両替の様子を表しています。

1ドルが120円の時に円をドルに両替した後、1ドルが121円になった時にドルを円に両替
しています。

この時差額として1円が増えましたが、このようにして利益を得ようとす
るものがFXです。

しかし、この説明を聞いて

 
「いや、1円増えてもそんなに嬉しくないよ」
 

と思った人もいるかもしれません。

確かにこの場合、1ドルしか買わなければ1円しか手に入れることはできません。

しかし、1万ドル買ったらどうでしょう。

この場合利益は1万円となります。

1万円増えることは多くの人にとって嬉しいと思います。

実際、FXをするために使うFX業者の中でも、最低1万ドルからの取引しかできないところが多く存在しています。

それでもさらに、この説明を聞いて

 
「1万ドルってことは1ドルが仮に100円だったとしても100万円用意しないと、取引はできないの?」
 

と思った人もいるでしょう。

結論をいうと、100万円を持っていなくても1万ドルを買うことができます。

FXの特徴でもあるこの謎の仕組みについて説明します。

FXの謎の仕組み「レバレッジ」とは

先ほど100万円を持っていなくても1万ドルを買うことができると言いました。

もっと言うと、4万円を持っていれば、1万ドルを買うことができます。

なぜかというと、FXには「レバレッジ」という仕組みがあるからです。

レバレッジは「テコの原理」という意味を持っているのですが、テコのように100万円というお金を10万円で動かすことが可能になります。

日本ではこのレバレッジの倍率が25倍となっているため、10万円で最大250万円分の通貨を買うことができます。

この魔法のような仕組みを使うことで、少額で大きな金額を動かし、大きな利益を得ることも可能です。もちろん大きな損失を被ることもあります。

また、多くのFX業者には強制ロスカットという仕組みがあり、自分の持っている資金以上の損失を被ることは基本的にはありません

このように少額で大きなお金を動かすことができる「レバレッジ」という仕組みがFXの特徴の一つです。

株や投資信託と比べてなにが違うの?

私はFXしかやったことがないので詳しくは知らなかったのですが、調べた限りでFXと比較した場合の投資信託についての特徴を書きます。

株とは

株は企業が資金を得るために発行するもので、そこから得た資金を使って会社を大きくしていこうというものです。

そのためその会社が大きく成長した際には株の価値が上がっていきます。

株とFXで違う点は様々ありますが、FXをやっている私として大きな違いと感じたのは

  • レバレッジの倍率
    FX:25倍 株:3倍
  • 取引可能時間
    FX:24時間(土・日を除く) 株:9時〜11時30分、12時30分〜15時
  • 投資対象の数
    FX:約50通貨 株:4000社以上

です。

はFXと比べると、レバレッジが小さいためローリスクローリターンの取引に向いています。

もちろんFXでも取引方法によってローリスクローリターンの取引も可能です。

また、取引可能時間については、株は午前中と午後合わせて5時間の取引時間となっています。

そのためメリハリをつけて取引することができます。

一方、FXは24時間取引が可能なため、自分の生活スタイルに合わせて取引をすることが可能である反面、取引の仕方や個人の性格によっては、仕事や学校の間も気になってしまうという注意点があります。

投資対象の数は株は4000社とFXに比べて多くの対象があるため、様々な選択肢から投資対象を選ぶことが可能です。

一方、FXは約50種類とそこまで多くないため、投資対象を選びやすいという利点もあります。

投資信託とは

投資信託とは投資の専門家を信じて、自分のお金を預け、代わりに取引を行ってもらう投資方法です。

投資信託とFXで違う点は様々ありますが、大きな違いと感じたのは

  • 自分で取引するかしないか
    FX:自分で取引 投資信託:他人が取引

です。

様々な違いはあると思いますが、やはりこれが1番の違いです。

投資信託をする1番のメリットとしては、自分で取引せず他人に取引を任せるため、時間を取られることが少なく、FXと比べると楽なところです。

もちろん投資信託でも資金が減ることもあり、楽なことばかりではありませんが、投資に時間を割いている暇がない人で、資金が減っても言い訳をしない自信がある人はFXより投資信託に向いています。

反対に自分のお金の増減に責任を持ちたいという人や、他人に自分の資産を預けるのは考えられないという人は、FXの方が向いています。

FXのメリット・デメリット

これまでFXやその他の投資について説明してきましたが、最後にFXのメリット・デメリットをまとめます。

メリット
  • レバレッジが高いため、少額からでも大きな利益を得ることができる
  • 24時間取引が可能で、自分の生活スタイルに合わせて取引することができる
デメリット
  • レバレッジを高くすると、損失も大きくなる。
  • 自分で取引するため、勉強や取引に時間や精神力を削られる

結論としては、少額でハイリスクハイリターンを狙った取引を勉強時間を割いてでもしたいと言う人には、FXは向いています。

【※注意】投資や投機は自己責任でお願いします!!

タイトルとURLをコピーしました